yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

部屋にウインドウエアコン(窓エアコン)を設置してみた

 この季節大活躍しそうなのが、エアコンですが、いろいろ理由があって、通常のエアコンが使えない方にとって救世主となりそうなものが、ウインドウエアコン(窓エアコン)です。私もこの度、自分の部屋に設置してました。

 


 

 

さて、ウインドウエアコンですが、通常のエアコンと比べるとどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

ウインドウエアコンのメリット

  • 通常のエアコンに比べると安い
  • 室外機が設置できなかったり、壁に穴を開けられなかったりして通常のエアコンが設置できないところでも、窓があれば設置できる。
  • 設置が簡単。通常のエアコンのように業者に工事を依頼しなくても、大体30分もあれば設置する事ができます。

こんなところでしょうか。窓があれば、大体の場所には、手軽に設置できるところがメリットであると言えるでしょう。ちなみに窓ですが、人が出入りするような窓、つまりテラス窓(掃き出し窓)でも設置する事ができます。

 


 

 

ウインドウエアコンのデメリット

  • ウインドウエアコンには、インバーターがついていないので、多少音が大きい。
  • 通常のエアコンに比べ、ウインドウエアコンの方が多少電気代がかかる。
  • 窓をふさいでしまう。(防犯的にもどうなのかな?)

普通のエアコンには、インバーターを搭載しています。このインバーターはエアコンの心臓部である「圧縮器(コンプレッサー)」という部分の制御を行います。このインバーターで圧縮機の回転数をコントロールするので、暑い時や寒い時にはフル回転。そうでない時は、控えめというように、ちょうど良い運転状態にしてくれます。一方、ウインドウエアコンの場合は、圧縮機のコントロールが、オンオフの状態のどちらかになりますので、設定した温度に合わせて動いたり止まったりということになります。ですから、圧縮機のオンオフ時の音が目立ったり、電気代も普通のエアコンより若干割高になるわけです。

 

使ってみて

私の買ったエアコンは。コロナのウインドウエアコンですが、設置も簡単でした。テラス窓(掃き出し窓)に設置しましたので、エアコンに標準で付属している窓枠の他にテラス窓用延長枠も購入しました。設置時間は40分ぐらいでしょうか。(もちろん一人で)

 

使ってみた感想は、よく冷えます。窓エアコンはあまり冷えないという話もありましたが、6畳とか8畳くらいの部屋なら問題ないような気がします。

 

次に音ですが、個人差あるとは思いますが、私は気にならないレベルでした。この辺は少しずつ改善されてきているんでしょうね。

 

エアコンといえば、排水。私が購入したエアコンは、ノンドレンタイプと呼ばれるもので、水を排水しないで乾燥させて処理しているので、排水用のパイプを伸ばしたり、排水場所を確保したりする必要はありません。

 

窓を塞いだり、防犯上どうなの?ということについてですが、確かに窓を大きく塞ぐのですが、ウインドウエアコンは、設置用の枠から簡単に取り外す事ができます(設置用の枠は外せませんが)。ですから、オフシーズンには、ウインドウエアコンを取り外すこともできます。また、防犯は、エアコン設置時でも窓を完全に閉める事がでます。エアコン未使用時には、通常通り鍵を閉められるという事ですね。もちろん、使用時には、窓を開けている状態(もちろん隙間はないようにしてありますが、)ですが、補助キーをつけることで、窓が開かないようにする事ができます。

 


 

 

在宅勤務などで自宅時間が増えていることと思います。快適に過ごすためにもウインドウエアコン設置視してみてはいかがでしょうか?