yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

鉄道で移動するなら特急か各駅停車か。(もちろん満員電車は論外ということで)

なかなか旅をしづらい状況になってきました。さまざまなリスクを考えると人混みを裂けた方が良いのは、事実ですし、外を出歩かずにじっと家に引き籠もるのが一番安全なわけです。海外旅行なんてもってのほか。飛行機のような人が密集する密閉空間に長時間いるわけですから、リスクが最も高くなろうというもの。

 

感染のリスクを下げるために必要なことは、

  1. 人が密集する空間を避ける。(他者と2メートル以上あるような場所を選ぶ)
  2. 閉鎖空間を避ける(外気が入ってこないようなところ)
  3. リスクがある場所に長時間いないこと(時間が短いほど感染リスクが減る)
  4. もちろん手洗い

これなのことが重要なのでしょう。さて、このことを考えた上で、ふと疑問が浮かびました。

 

鉄道で移動する場合、特急(快速)のようなもので移動するほうがいいのか、各駅停車で移動するほうがいいのか?

 

そもそも電車(日本の場合一部を除き)は、駅に停車するごとにドアが一斉に開くことになります。すると当然中の空気が換気されることになり、リスクが低減します。これは、とってもいいことですね。

 

そこで、ある場所からある場所まで移送するときには、ドアが開く回数の多い列車に乗るといいということになります。つまり、各駅停車の列車ですね。特急列車だったりすると、そんなに頻繁に扉が開くわけではありませんから、密閉空間になっている時間が長いはず。

 電車で旅行している人達のイラスト

しかし、到着地が遠距離にある場合、各駅停車で移動すると移動時間が、特急や快速に比べてかかるわけです。列車に乗っている時間自体は長くなるので、その麺から言えば、リスクを上げることになります。

特急・快速に乗るべきか、各駅停車に乗るべきか?これは悩ましい問題ですね。

 

ちなみに安全な乗車場所は、おそらく外気が一番入ってくるところということで、入り口付近ということになるのかな?しかし、人が必ず行き来する場所でもあるので、その点ではリスクかも?

電車のドアの横に立つ人のイラスト

とにかく、満員電車だけは裂けたいものです。

 満員電車のイラスト(会社員)