yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

入国拒否とパスポート更新

先日、私はイスラエルへ行ったわけですが、現在、シリア・レバノンリビアオマーン・イエメン・スーダンは、イスラエルとは敵対国にある為、イスラエル渡航歴がある場合、これらの国々に入国することができなくなるそうです。もっともパスポートにスタンプを押されていないので(スタンプが廃止になっているので)、上記の該当国には、イスラエルへの渡航歴がバレないわけですが。

 

まあ、いかないでしょうけど。仮に訪れて入国拒否にあったらシャレになりません。

 

今回は、入国拒否とパスポートの更新について。

 

ちなみに仮にどこかの国で入国拒否にあうと、強制送還以外に何か不便なことってあるなでしょうか?

 

実はあります。それもパスポートの更新時。

パスポートを更新するときに申請書に記入していくことになりますが、その質問項目に次のような項目が、

「刑罰等関係」欄

1.外国で入国拒否、退去命令又は処罰されたことがありますか。

これに引っかかります。

うそつくと犯罪になるので答えない訳にはいけない。

 

もちろん、渡航事情説明書をつけて申請できますが、審査時間がかなりかかるとのこと。

そして審査の結果で、

  • 通常通り発券
  • 限定旅券で発券
  • 発券されない

のどれかになります。

 

まあ、通常通りの発券なら問題なしですが、下の2つだと困ったことになります。限定旅券になると、渡航先も制限されますし、有効期間も異なります。(短い)

 

ちなみに東京都での限定旅券発行料金は、次の通り。(東京都の手数料込み)

限定旅券の新規発給申請
 6,000円

 限定旅券の渡航先追加申請
 1,600円

 

入国拒否だけはあいたくないものですね。その後の手間と費用を考えると。