yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

機内での過ごし方

 

長距離フライトの場合、結構時間を持て余してしまいますよね。そんなときどう過ごすかですが、いろいろ考えてみました。

ネットを利用する。

確かにネットにつながるのは魅力的なのですが、どうしても機内だと地上にいるときのように使えるわけではありません。国際線の場合、ネットにつなぐ費用がある程度はしますし、結構接続が切れてしまうこともあります。まあ、路線や航空会社にもよりますが、空の上を飛んでいるわけですから、衛星通信を利用していることが多いのだと思いますが、接続環境は不安定になるでしょうね。仕方ないです。

 

また、機内のネット回線につなぐのも結構面倒だったりします。まず、機内のWi-Fiを探して接続し、料金の支払いにクレジットカード情報を入力したり。狭いエコノミーあれこれ打ち込むのは本当に面倒だなあと思います。

 

AmazonのFire HD8にコンテンツをダウンロードしておく。

以前Fire HD8を読書用に購入したのですが、これがあるとたしかにいいですね。読書をするにもいいですし。たしかにKindleでも良いのだけれど、こちらの場合は動画も見れるので、読書に飽きたら好きな動画を見て過ごすこともできます。(ただ、気をつけなければならないのが、海外へ行くと動画の購入が制限というかできなくなってしまうので、出発前にダウンロードしておかないといけないわけですが、私は、乗り継ぎの空港でダウンロードできないかな?と期待したのですが無理でした。)

 

機内のエンターテイメントコンテンツを楽しむ

海外の航空会社を利用すると日本語コンテンツが限られてしまうことになります。まあ、日本発着ならまだしも、乗り継ぎで別の国へ行くとなると、最悪日本語コンテンツがなくなることも。イスラエル旅行でキャセイパシフィック航空を利用しましたが、割と日本語コンテンツがありました。まあ、好みのものがあるかどうかは運次第ですが。

 

f:id:ta0024:20200119185910j:plain

中国大陸を横断してイスラエル

 

最近の楽しみは飛行経路を見ること。

 

f:id:ta0024:20200119190746j:plain

イスラエルへ飛行中


 

さて、飛行機に乗って必ず見るのが飛行経路。最近のお気に入りです。

旅行でワクワクした気持ちのときには、結構今どこを飛んでいるかを見るのも楽しいもの。そんな飛行経路を見ていると気づくことがありました。それは、最短距離を飛ぶのでなく、少し遠回りしていることがあること。例えば、イスラエルベングリオン空港へ着陸する場合、トルコのところからゴーンさんで有名になったレバノン上空を通っても良さそうなものですが、地中海の方へ迂回して海の方からテルアビブ方面へ入っていきます。レバノンを避けているわけです。いろいろ紛争を抱えるイスラエルレバノンですから、第三国の航空機といえど通らせてはもらえないのかもしれないですね。