yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

空港のホテルを考えてみる。

前回は、空港アクセスを考えてみましたが、遠距離にあり、搭乗時刻が早朝だったりする場合は、近くのホテルに泊まってみようか、そうなります。また、国際線でトランジットなどの場合は、空港に宿泊することもありますよね。今回は、空港とホテルについて考えてみたいなと思います。

 

ちなみにトランジットホテルとは?狭義でのトランジットホテルとは、空港内の制限エリア内に設置され、国際線の乗り継ぎ時に入国手続きせずに宿泊できるホテルのことを言います。つまり、入国してないので、半分外国みたいなちょっと不思議な空間ですね。ただ、冷静に考えてみると空港の制限エリア外には出れませんので、(入国手続きしない限り)泊まる(休む)だけの施設とも言えますね。

 

日本には、羽田空港の出国エリアに位置する「ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 トランジット」があります(泊まったことは無いですが)。

f:id:ta0024:20191229222846j:plain

ちなみにトランジットホテルでない(出国エリア外)部分も羽田空港国際線の出発フロアに直結しているので便利ですね。

 

ちなみに成田空港には、上記の意味でのトランジットホテルはありませんが、空港敷地内にホテルがあります。成田エアポートレストハウスというホテルです。デイユ-ス(ご休憩)プランも用意されていて、利用時間は、9:00~15:00。飛行機の乗り継ぎで時間が空いてしまった時などに宿泊せずに使うことができます。

また、カプセルホテルでは、羽田空港にファーストキャビン 羽田ターミナル1があります。男女別のエリアにロールスクリーンで仕切られたユニットを備えており、大浴場やコインランドリーも併設しています。成田空港だとナインアワーズ成田空港があり、男女別に分かれた無料 Wi-Fi 付きのカプセルルーム、ロッカーと共用バスルームがあります。
 どちらも制限エリア外ですが、空港内なのですぐチェックインカウンターへ行くことができ、早朝フライトだと便利ですね。