yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

東京モノレール羽田空港線

羽田空港へのアクセスは、タクシーはもちろんのこと、リムジンバス、鉄道(京急)等ありますが、私が一番ワクワクするのは、モノレールです。

 

東京モノレール羽田空港線は、1964年9月17日に開業しました。前回64年10月10日の東京オリンピックの羽田空港利用客の都心アクセスの改善を目的として建設されたのです。開業以降、羽田空港と都心との間で多くの乗客を運んで来たわけですね。でも何でモノレールだったのでしょうか。東京オリンピックに間に合わせるため、用地買収が不要な京浜運河の上に多くの区間が建設されたからというのが理由の一つのようです。

 

現在の起点は、モノレール浜松町駅ですが、当初の計画では、新橋駅を起点にする予定だったようですが、用地の取得が困難だったため、現在の浜松町駅になったとのこと。もし、モノレール新橋駅ができていれば、現在のJR新橋駅前(汐留口)あたりに建設されていたようです。

 

モノレールの車両は、日立製作所が製作したもので、跨座式 (Straddle-beam System) を採用しています。車両が一本のレールに乗っかった形ですね、この方式は北九州モノレールにも採用されています。ちなみに懸垂式という、車両が一本のレールにぶら下がったようなタイプもあり、千葉都市モノレールなどが一例でしょうか。この跨座式の利点ですが、懸垂型に比べ、れの構造が簡単なのでコストが少なくてすむとか。ちなみに懸垂型には、積雪に強いなどの利点があります。

 

東京モノレールですが、現在JR東日本の子会社となっています。モノレールSuicaも発売されており、「モノレールSuica定期券」「モノレールMy Suica」「モノレールSuicaカード」の3種類があります。券面には、かわいい擬人化したモノレールのキャラクターが、描かれています。ほしくなる一枚です。