yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

モバイルでのチェックイン モバイル搭乗券

最近は、飛行機で旅行するときは、できるだけ荷物を少なくなるようにしています。というのも、わざわざ航空会社のチェックインカウンターへ行くのが面倒に思うからです。乗ったことはないけれど、ファーストクラスなら、特別のカウンターで至れり尽くせりというところもありますが、エコノミー用のカウンターは、特に長い列を作ることもあります。

f:id:ta0024:20191214221005p:plain

預け荷物がなく、機内持ち込み荷物だけなら、Webでチェックインをし、搭乗券をスマートフォンにダウンロードすればそのまま保安検査のゲートへ直行できます。本当に便利ですよね。

ちなみにキャセイパシフィック航空でモバイル搭乗券が使えるのはこちらの空港だそうです。
他の空港にも順次導入していく予定です。

モバイル搭乗券が利用可能な都市

オーストラリアアデレード (ADL)、ブリスベン (BNE)、ケアンズ (CNS)、メルボルン (MEL)、パース (PER)、シドニー (SYD)バーレーンバーレーン (BAH)ベルギーブリュッセル (BRU)カナダトロント (YYZ)、 バンクーバー (YVR)中国大陸長沙 (CSX)、海口 (HAK)、杭州 (HGH)、上海/虹橋 (SHA)、上海/浦東 (PVG)、武漢 (WUH)フランスパリ (CDG)ドイツフランクフルト (FRA)香港特別行政区香港 (HKG)アイルランドダブリン (DUB)インドネシアデンパサール (DPS), 泗水 (SUB)イスラエルテルアビブ (TLV)イタリアミラノ (MXP)、ローマ (FCO)日本福岡 (FUK)、小松 (KMQ)、名古屋 (NGO)、沖縄 (OKA)、大阪 (KIX)、札幌 (CTS)、東京/羽田 (HND)、東京/成田 (NRT)韓国ソウル (ICN)マレーシアクアラルンプール (KUL)オランダアムステルダム (AMS)ニュージーランドオークランド (AKL)、クライストチャーチ (CHC)シンガポールシンガポール (SIN)南アフリカケープタウン (CPT)、ヨハネスブルグ (JNB)スペインバルセロナ (BCN)、マドリード (MAD)スイスチューリッヒ (ZRH)台湾高雄 (KHH)、台中 (RMQ)、台北 (TPE)タイバンコク (BKK)、チェンマイ (CNX)、プーケット (HKT)アラブ首長国連邦ドバイ (DXB)イギリスロンドン・ガトウィック (LGW)、ロンドン・ヒースロー (LHR)、マンチェスター (MAN)米国ボストン (BOS)、シカゴ (ORD)、ロサンゼルス (LAX)、ニューヨーク・ニューアーク (EWR)、ニューヨーク・ ジョン・F・ケネディ (JFK)、


航空会社によるとは思いますが、搭乗券は、基本的には、ホームページからダウンロードできたり、メールに添付されたりするわけですが、何度でもダウンロードできます。安心ですね。

さて、モバイル搭乗券の欠点は、スマートフォンに依存していることでしょうか。一度、保安検査時にQRコードを提示したスマートフォンが、電池切れになったことがありました。飛行機搭乗時に別のタブレットに保存していたQRコードを示したところ、エラーが出てちょっと手間取った経験があります。まあ、電池切れやデバイスのトラブルで表示できないのにはきをつけたいところですが、スマートフォンだと、突然始まるシステムアップデートもくせ者です。