yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

羽田空港キャセイパシフィック航空のラウンジを利用するには? ラウンジパス

海外旅行では、一度はラウンジというものを利用してみたいものです。もちろん、ラウンジにも色々あり、クレジットカードで入れるカードラウンジ、プライオリティパスで入れるラウンジ(航空会社のラウンジに入れる場合も)、そして航空会社のラウンジ。

クレジットカードのカードラウンジは、まあ、待合室ですね。混んでいるし、料理食べ放題のようなことにはならないし、結構混んでいてます。そしてなにより、保安エリア外なので、搭乗ギリギリまでいるというわけにも行きません。(一部例外のカードラウンジもありますが。)

プライオリティカードで入れるラウンジは、一部航空会社ラウンジを含みますが、日本のカードラウンジよりもサービスが充実しています。香港やシンガポールのラウンジを利用してみましたが、美味しく食べたり飲んだりしてリラックス。出発時間まで快適に過ごしました。 

 

f:id:ta0024:20191211221921p:plain

 

出発前のひとときをリッチな気分に浸りたいというのは、誰しもが思うところ。そこで、先日入会したキャセイパシフィック航空のマルコポーロクラブのサービスを利用してラウンジパスを購入してみることにしました。

ラウンジ・パス | 旅の付加オプション | キャセイパシフィックによると

購入方法は次の通り

ご購入方法
オンライン:航空券のご予約完了後、「予約の確認」にログインしてラウンジ・パスの購入をお申し込みください。ご出発90日前までご購入可能です。
香港国際空港にて:ラウンジ・パスのご購入は、チェックインカウンターにて承ります。保安検査および出国審査にお進みになる前に購入をお済ませください。お乗り継ぎのお客様は、E2エリアまたはW1エリアのトランスファー・デスクにてお申し込みください。ラウンジの受付での支払いは不可です。
香港以外の対象空港:ラウンジのご利用当日、受付にてラウンジ・パスの申し込みをしてください。

 そこで、Webでポチポチと購入。ちなみに羽田空港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジは、場所: 国際線ターミナル6階、営業時間:7:30~17:00毎日とのこと。普通、ラウンジの利用には、ビジネスクラスの航空券を買ったり、航空会社の上級会員担ったりしなければなりません。最近はラウンジを追加料金で開放してくれる航空会社も出てきましたが、なかなか入れないので、少し楽しみではあります。

f:id:ta0024:20191211222053p:plain