yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

鍵かけた? 忘れないために。施錠確認のあれこれ。

長期の旅行から、ちょっとしたお出かけまで、戸締まりは気になるもの。かけたはずの玄関の鍵をかけたっけ?と不安になることもあるかと思います。日頃何気なくやっていることは、記憶に残りづらいもの。今日は、鍵を忘れずかけたり、かけたことを忘れないようにする方法を考えてみました。

チェックリストを作る。アプリの利用。

私がよくやるのが、チェックリストを作ってみることです。たとえば、窓の施錠とか、玄関の施錠とかをチェックするというもの。TODOアプリを使うと便利ですね。毎日出勤などで出発するときに施錠したらチェックする、これなら締め忘れもしないし、締めたかどうかわからないときにも確認できます。

スマートロックを使う。

オートロックやスマホで施錠できて、確認もできるとなると、スマートロックを導入するのも良いかもしれません。たとえば、Qrio Lock なら Qrio Hubと一緒に使うことにより、施錠の状態を確認できたり、スマホを使って遠隔操作で外出先から解錠や施錠できます。

 

 

 大体のお家の鍵にも適合できるようですし、工事不要でかんたんに取り付けできるのがいいですね。月々の料金もかからないので、鍵の締め忘れ帽子には良いかもしれません。もっとも、スマホや鍵を忘れて外出すると締め出されますが、、、

 

また、auホームにも、スマートロックや施錠確認のセンサーがあります。

www.au.com

www.au.com

しかし、auホームの場合、月々の料金がかかりますので、若干コスト高かもしれませんね。

 

これが一番?

チェックリストとともに私が採用している方法は、玄関の鍵の装着することで、締め忘れたかどうかを確認することができる便利グッズを使っています。名前をチェッキーといいます。使い方は簡単。玄関の鍵にこのチェッキーをかぶせるように装着すると、鍵穴に挿してくるりと回すとちっちゃな窓の部分の色が変わります。例えば、施錠したら白色、開けると赤色。もし鍵をかけ忘れたかどうかきになったら、チェッキーの小窓の部分をチェックすれば、施錠しているかどうかわかるという寸法です。機械的な方法なので、確実性もあり安心ですね。