yururito-travel.biz

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

ドイツの鉄道あれこれ 自由席が指定席に

 

ドイツのプラットホーム

ドイツ鉄道DBをいろいろ乗ってみて、日本と違うなあと感じることを書いてみたいと思います。まず、日本なら乗る位置がしっかりと決まっているますね。駅のプラットホームの床面にここに並んでね的な印もついていますし、ピタリとそこに止まります。一方ドイツでは、だいたいの場所の表示がA,B,Cと、表示されている場所になんとなくとまる。ホームの掲示板に表示されている自分の列車の配置図を見て、ホームの看板を参考に待っていると、だいたいその付近に止まるという感じです。初めて乗ったときは、なんだかアバウトだなあと感じたものです。

自由席と指定席が混在

日本の鉄道だと、自由席の車両と指定席の車両が分かれていますね。しかし、ヨーロッパの鉄道だと、座席の上の網棚のところあたりに座席の番号と指定かどうかを示す表示板がついています。そこにまるまる駅までと表示されていれば、指定されているということ。もし、表示がなければ、自由に利用できるということになっています。ですから、予約をせずに乗車したときでも、まず、表示板を見て、指定されていなければ、座ることができます。ただ、途中で指定になることもあります。