yururito-travel TAKA@channel

旅行での出来事やガジェットなどについてゆるりと語っています。

ジンスハイム交通博物館

 自動車から鉄道、飛行機そして宇宙にいたるまで

 ジンスハイム交通博物館は、ありとあらゆる乗り物をそこらじゅうに展示したいると言った感じのテーマパークです。場所は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ジンスハイム市にあります。鉄道の最寄り駅は、Sinsheim Musiumという駅ですが、ICEなんかが通る幹線でありません。はじめてドイツの鉄道に乗る方は、厳しいかもしれません。(ユーレイルパス等の鉄道パスなどを持っていれば、切符の買い方などに悩むこと無くたどり着けるかと思います。あるいは、The DB Navigator app があれば、ルート検索やオンラインでのチケット購入も便利でしょう。)

www.bahn.com

 

Sinsheim Musium


 駅に到着し、目の前に広がる光景にはびっくりさせられます。というのも、。超音速旅客機として知られるコンコルドソ連コンコルドコンコルドスキー)と呼ばれたツポレフ Tu-144が2機並んで出迎えてくれます。駅を出てからのルートは、ひたすらコンコルドに向かって歩けばいいです。

f:id:ta0024:20190217183130j:plain

入口に近づくと、さらにたくさんの飛行機が出迎えてくれます。

車から飛行機まで所狭しと並ぶ館内

 館内には、鉄道から車から、飛行機、宇宙船まで所狭しと並んでいます。全部見て回ろうと思うと、一日では無理な量です。

youtu.be

コンコルドの機内に入れる

 さて、このミュージアムのシンボル的な存在のコンコルドですが、実は、中にはいることができます。

f:id:ta0024:20190217182834j:plain

 後方に螺旋階段がありますが、あれを登っていきます。行った日は、12月の下旬のため、雪もちらほら。路面も凍結していてとても滑りやすかったのですが、決死の覚悟で登ってきました。(上りより下りが大変。そして何より手すりが超冷たかった。真冬ですから)

f:id:ta0024:20190217184020j:plain

 機内は座席も取り払われており、歩きやすくなっています。前の写真を見てもらえばわかると思いが、かなりの勾配となっています。しかし、コンコルドの機内はかなり狭い印象です。

f:id:ta0024:20190217184354j:plain

f:id:ta0024:20190217184501j:plain

まとめ

 ジンスハイム交通博物館の一部の紹介でしたが、乗り物好きには、ぜひ行きたいミュージアムかと思います。ドイツ旅行の際は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

Technik Museum Sinsheim
Museumsplatz
D-74889 Sinsheim
Tel.: 07261-9299-0
Fax: 07261-9299-70

youtu.be

シンガポール チャンギ空港のプロジェクション・マッピング

 

シンガポールチャンギ空港台4ターミナル

 シンガポール チャンギ空港の第4ターミナルは、2017年10月にオープンした、最も新しいターミナルです。このターミナルを利用する航空会社は、Cathay Pacific
Korean Air Vietnam Airlines AirAsia Cebu Pacific Air Spring Airlines などです。

出国手続きも自動化ゲートが導入されており、簡単に出国手続きを行うことができます。

プロジェクション・マッピング

 出国手続きを終え、制限区域内に入ると、飲食店や免税店などたくさんのお店が入っています。一番奥の方まで進んでいくと、シンガポールのショップハウス様式(お店の上に住居が設置されている店舗のこと)風のお店も並んでいます。そして、住居部分を模した壁面では、プロジェクション・マッピングによるアトラクションが行われます。

youtu.be

さいごに

 ところで、この第4ターミナルは、他の第1〜3ターミナルとは、離れた場所にあります。第1〜3ターミナルは、シンガポールから出国する人と入国する人は同じ制限エリアを利用する事ができますが、第4ターミナルは制限エリアは分かれており、利用することができません。

シンガポール ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイについて

 マリーナベイサンズホテルのお隣にガーデンズ・バイ・ザ・ベイがあります。入場料は無料で楽しむことができるとおてもオトクなスポットです。

住所 1 Cluny Rd, Singapore 259569

f:id:ta0024:20181222073538p:plain

巨大ツリー


この植物園のシンボルといえるのがこの巨大ツリーです。何だか未来的なイメージです。夜になるとライティングされて、夜景を楽しむことができます。

 

f:id:ta0024:20181222073753j:plain

f:id:ta0024:20181222073743j:plain

OCBCガーデンラプソティ

音楽と光のショー「OCBCガーデンラプソティ」が1日2回、19:45と20:45に開催されています。こちらももちろん無料で楽しめるので、一度は見てみるのもいいかと思います。

youtu.be

 

ベルギー ブリュッセルにある 王立軍事歴史博物館 Royal Museum of the Armed Forces and of Military History

 

公園の中にある博物館

 サンカントネール公園の中の凱旋門につながるように建っている博物館です。入場料は、2016年1月5日より入館料5ユーロ必要となりました。しかし、その展示されている飛行機の数からすると決して高くはないかと思います。建物の中に所狭しと飛行機や乗り物が展示されています。

youtu.be

住所 Parc du Cinquantenaire 3, Brussels, Belgium


F16の隣で古本市

 訪れた当日は、同館内で古本市が開催されていました。ベルギー空軍で活躍したF16の横で古本市。日本では見られない光景ですね。

youtu.be

youtu.be


圧巻の飛行機展示

 時代別に様々航空機が展示さてています。

 

youtu.be

youtu.be


飛行機以外の展示物も

youtu.be

 

youtu.be

youtu.be

ドイツ博物館 垂直離着陸機のEWR VJ 101

 

 

飛行機がいっぱい。ドイツ博物館

 ミュンヘンにある、ドイツ博物館は、イザール川の中州にある世界最大級の科学技術博物館です。ドイツ博物館へはミュンヘン市街から路面電車で簡単に行くことができます。この博物館は、1925 年に開館しました。8 つの階に 50 ほどの展示エリアがあり、10 万点以上が収蔵されています。

【住所】
Museumsinsel 1, 80538 München, ドイツ
+49 89 21791

【料金】
大人8.5ユーロ
学生3ユーロ
【開館時間】
毎日9:00~17:00
祝日閉館

中央ホールの船や飛行機の展示は圧巻です。ドイツが作り出したさまざまな飛行機が展示されています。 

 

垂直離着陸機のEWR VJ 101

 さて、乗り物好きには、たまらないこの博物館。さまざまな乗り物が展示されています。中でも、垂直離着陸機のEWR VJ 101は、特に魅力的です。

  

 両翼にエンジンを搭載しているのが特徴的ですね。垂直離着陸時には、オスプレイのローターのように可動するのでしょうが、操縦が難しそうです。 

 まとめ

 同時期には、ホーカー・シドレー ハリアーという世界初の実用垂直離着陸機(VTOL機)が誕生しています(原型機の初飛行は1960年)。シーハリアーハリアーⅡ等、様々な発展を遂げていったのに対して、EWR VJ 101は、1963年ホバリング飛行に成功し、水平飛行への遷移も成功していました。1964年には、アフターバーナーを使用せずにマッハ1.04で飛行しています。しかし、結局2機の試作機のみで1968年には開発中止となりました。VJ 101はマッハ2での飛行能力を持つように設計されたV/STOL(垂直/短距離離着陸)機だっただけに、実際に飛ぶ姿を見てみたかった機体です。

goo.gl